しするは今日も考える。 -Thistle Thinks GOOD Thoughts-

日常のおもしろいこと、経験から学んだことを考察中。

情報管理に挑みかけました。

先日から手続きに振り回されているしするです。

 こんにちは。

 

 

世の中が大変に不安定な昨今ですが、

ふと気になったことがありました。

 

「もし私に何かあったら、夫はどうするんだろう。諸手続きとか。」

 

昨日の記事をお読みいただくと参考になるかと思いますが、

夫は様々な手続きの類が苦手です。

拒否反応を起こしそうなレベルで苦手としているようです。

 

しかし、もし私が動けない状況になれば、そんなことも言っていられないはず。

というか子供ができて出産したら、諸手続きにはキミが行くんだよ…

(あ、今はおりませんよ子供)

 

そうなると、そもそも何に手続きが必要で、そのために何を準備してどこへ連絡するとか、そういったたくさんの情報が必要になるわけです。

 

そこで役に立つのがエンディングノートです。

「それって老後とかの準備じゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはない

 

何かのきっかけで意思疎通ができなくなって、それなのに銀行やら保険やらの情報がわからない、なんてことになったら物凄く困ります。

そんな大切な情報を、大切な人に確実に伝えるためには、きちんと整理しておくことが必要です。

整理する過程で、自分がちゃんと把握できていなかった情報も出てくるかもしれません。眠っている預金とかね。(今の法律では10年ほったらかしておくと『休眠口座』の扱いになります。詳しくはお調べくださいね!)

 

今は様々なタイプが世に出ていて、タイトルに『エンディング~』なんて言葉が入っていないものも結構あります。

いろんな法律上の話も解説されていて、自分がしておいた方がいい備えについて考える機会にもなりますよ。

 

 

何よりも、今は『誰が、いつ、どうなるか』全くわからない状況になりました。

私が今住んでいる地域でも、毎日新しい情報が出てきます。地元も同じです。

 

預金も保険も投資等も、どんな備えであっても、自分一人が知っているだけでは大切な人を守り切れません。

情報には、適切に共有しなければ役立てることができないものがたくさんあります。

 

 

と、すごい語っていますが、私が情報をまとめるのはこれからです。

(タイトルにご注目ください)

 

がんばろ。

 

 

 

目に留めてくださった方に、感謝を込めて。