しするは今日も考える。 -Thistle Thinks GOOD Thoughts-

日常のおもしろいこと、経験から学んだことを考察中。

汗に悩まされる季節がやってきました。

肌弱い系女子のしするです。

近年の紫外線は凶器。

 

f:id:Thistle37:20200510211351p:plain

とかいう物騒な書き出しをしていますが、とりあえず私は比較的肌が弱い方です。

無対策で日の下にでると湿疹が出るし(母も紫外線アレルギーがあるため、遺伝かと思われます)、三十路を折り返しても毎年汗疹に悩まされる始末。

 

今住んでいる地域は、比較的穏やかな気候です。

しかし、地元よりも日差しが強いせいか、湿疹や汗疹がお目見えするのが思いの外早くて困っています。

どうして5月の時点で湿疹祭りなんだ。

 

私の場合、何かに擦れる部分に湿疹ができることが多く、毎年首筋や鎖骨周りから不穏な気配を感じ始めます。

次いで、なぜか額の生え際のあたりと、頬骨のあたりが汗で荒れてきます。

何年か前まで眼鏡をかけていたのですが、夏になるとパッドに当たる皮膚が荒れに荒れてしまい、職場の利用者の方から心配されるほどになっていました。

眼鏡のパッドをシリコン製のものに交換したりもしましたが、何をどうやっても改善しなかったので、遂にかけるのを止めてしまいました。

免許の更新でひっかからなかったので、なくてもいいのかと思いまして…

 

この悩み事が、年々開始時期を早めている気がするのです。

今年は4月の終わりの時点で、肩口に湿疹ができ始めました。

最初は何が引き金になっているのかわからなかったのですが、ある程度の範囲を越えて拡がる様子はありません。

しばらく自分の生活を振り返って、ふと思い当たりました。

 

鞄の肩紐でした。

ショルダーバッグの紐が当たる位置と幅です。

その後、鞄を普段と逆の肩にかけているうちに、少し改善してきました。

そして今度はシートベルトが当たる位置が怪しくなってきました… しかしこれはどうしようもない…

 

しかし、これから暑くなれば、今度は汗疹や汗荒れにも悩まされるはず。

 

そこで、昨年から取り入れた夏場の対策を、今年は早めにスタートすることにしました。

 

 

 対策その一:『塩風呂』

ただお風呂にバスソルトを入れるだけの話ではあるのですが。

 

子どもの頃、「あせもは海に入れば治る」と親や祖父母世代から言われ、汗疹の時期には海に入っていた記憶があります。

確かにあれで改善してたよな…と思い出し、試しにお風呂に塩を入れてみると、治るまではいかないものの、肌の荒れは少し落ち着きました。

そのため、昨シーズンは入浴剤を止め、塩風呂でひと夏過ごしました。

 

おすすめのショップです

アースコンシャス・ストア (ヒマラヤ岩塩のバスソルト等を取り扱われています)

デッドシーソルト(ヨルダンの死海のバスソルト等を取り扱われています)

 

私は香りが強いのは苦手なので、無香料のバスソルトだけで使っていますが、香り付きのものもありますし、アロマオイル等でお好みの香りにもできますよ♪

 

 

 対策その二:『あせもジェル』

 そしてもう一つ、これからの時期に私を助けてくれるのがこちらです。

【Amazon.co.jp限定】 【セット品】ユースキンあせもジェル 140ml ポケットあせもジェル30ml ボディクリーム

 

ユースキン 薬用あせもジェル(140ml)【body_7】【ユースキン】

 

もうネーミングから汗疹対策感がすごいですが、私はこれが使いやすいです。

手に取った時はジェルなので、こぼれる心配はありません。←不器用

塗った後もべたつかないし、さっぱりするので、汗で荒れている肌もすっきりします。

個人的に一番助かっているのが、無香料である点です。

ここ数年のアロマブームで、逆に香りの強いものが苦手になってしまった身としては、大変にありがたい存在です。

 

 

これから夏を迎えるにあたり、戦々恐々としている今日この頃ですが、とりあえず早めの対策で頑張っていこうと思いま…す…もやしのように暮らしたい…

 

 ↓記事の中ほどで紹介しているショップです