しするは今日も考える。 -Thistle Thinks GOOD Thoughts-

日常のおもしろいこと、経験から学んだことを考察中。

無職になりました。

こんにちは、しするです。

 

最初の投稿でも書いた通り、私は先日仕事を辞めました。

現在はほぼ引きこもりのような状態です。

 

『専業主婦』と名乗るのはまだ気が引けています。

そう名乗れるほどには、家のことがきちんとできていないと感じるからです。

 

退職を決意し、勤務調整後に有給消化に入ったころ、世の中がにわかに騒がしくなりました。

 

私が先日まで従事していたのは、介護職。

新型コロナウイルスの影響を大きく受ける業界です。

介護の業務では、何をどう考えても濃厚接触は避けられません。

利用者の方の生活を、人生を守るために、今も困難な状況の中で奮闘している人たちがいることを知っています。

 

 

私は図らずも、その場から逃れている。

退職したのは個人的な事情ですが、結果として私は、自分を危険から遠ざけました。

 

この事実は、心をざわつかせます。

 

自分だけが安全なところに逃れたのではないか、と。

 

 

世間では自粛が叫ばれ、様々なイベントやスポーツが断たれ、たくさんの人が健康面だけでなく経済的にも、精神的にも難しい状況におかれています。

 

夫が自営業である我が家も、経済的に厳しいことは確かです。

この混乱の中で、夫の仕事も確実に減っています。

私が退職を決めた時点では、こんな世の中は全く想像しませんでした。

 

しかし、世界はもう変わってしまっている。

 

今、私にできることは、自分自身が感染しないこと。

感染源にならないこと。

 

そして、可能な範囲で経済をまわすこと。

(余裕はほとんどありませんが)

 

ずっとこの状態が続くわけではない、と思っています。

いつかは収束する、と。

それがいつになるのかはわかりませんが。

 

その時のために、その時に自分がもっと誰かの役に立てるように、

今は自分を守ります。

 

 

既に罹患されている方が、回復されますように。

日々奮闘してくださっている医療従事者の方たち、介護を始めとする福祉関係の方たち、私たちの生活を支えるためにそれぞれの仕事を続けてくださっているすべての方たちが、できる限り守られますように。

 

 

 

目に留めてくださった方に、感謝を込めて。