しするは今日も考える。 -Thistle Thinks GOOD Thoughts-

日常のおもしろいこと、経験から学んだことを考察中。

気分転換できることを見つけました。

先日から鼻水とくしゃみに悩まされていて、念のためにかかりつけ医へ連絡の上、指示された時間に受診したところ、アレルギー性鼻炎の薬を処方されたしするです。

とりあえずよかった…のかな?

 

 

で、タイトルの件なのですが。

 

上記の受診をした際に、自分で運転して出かけたんです。

 

最近、数日おきに『気分転換のドライブ』に出かけていましたが、このところはずっと夫の運転でした。

夫は運転好きだし、私が途中で眠くなっても大丈夫だなと思っていたもので…

 

我が家の車の生き残っている方(言い方…)は、もともと私がメインで使う流れで入手したものでした。

車が一台になった経緯

車検に持って行ったら廃車になりました。 - しするは今日も考える。-Thistle Thinks GOOD Thoughts-

 

 

私のクルマ選びの最優先事項は、

 

マニュアルミッション車であること。

 

そう、私はMT乗りなのです。(夫婦共にMT派)

初代から四代目になる今の愛車まで、自分で購入した車はすべてMTです。

(しかも大半が軽という少数派振り)

 

AT乗れないわけではないのですが、どうにも落ち着かず、自分が運転する車は基本的にMTを選んでいます。

 

それでいてパワーがある車は怖いので、スポーツカーにも乗れません。

夫スポーツカー好きなのにごめん。

 

選択肢がかなり狭いと自覚しています。

MT仕様がないという理由で購入を諦めた車は数知れず…

(ちなみに今はコンパクトカーに分類される車種に乗っています)

 

 

というわけで、今我が家にある車は私のニーズに合った仕様となっています。

 

そして、久しぶりに自分で運転したんですよ。

 

 

なんか気分が明るいんです。

 

なんとなくだるかった体が、そんなに気にならなくなったんです。

(出かけた目的が受診なのにも関わらず)

 

 

自分で運転することが、思いの外良い効果をもたらしたように思います。

 

自分でコントロールできることが狭まっている環境の中で、車を運転する(=自分でコントロールできる)ことが、気持ちの切り替えに効果があったのかな?と考えました。

 

もともとMT派の私は、おそらく車の運転は『好き』な部類に入るのでしょう。

自分の『好き』なことで、短時間でも自分で思うようにできれば、意外と心が元気になるみたいです。

 

 

自粛を叫ばれる昨今、自分の思うようにいかないことだらけで、本当にストレスが溜まります。(ついでに通帳を確認して戦慄しております)

 

そんな中でも、自分の『好き』なことを何かできる、それだけでもちょっと気持ちが違ってくるかもしれません。

いつもは意識しない『好き』なことを見つけられると、気分転換のツールを増やせるのかな?と思います。

 

私にとって、車の運転はそこまで意識している『好き』ではなかったのですが、明らかに気分は晴れました。

 

今だからこそ、見つけられるものがあるのかもしれないですね。

 

 

 

目に留めてくださった方に、感謝を込めて。